修理方法.com

【腕時計のサイズの調整】メタルバンド(金属バンド)の長さを変更してみた!

time 2017/06/29

金属製バンドの腕時計のサイズを変更するのはとても簡単です。
初めてやる人でも、簡単な工具さえあれば問題なくできると思います。

今回は実際に時計のバンドを調整する工具セットを購入して、サイズの変更をしてみました。
これからバンドの調整をする人の参考になれば幸いです。

sponsored link

必要工具

まずはこのような工具セットを購入します。
ベルト調整する工具単品でも売っていますが、電池交換に必要な工具付きのセットを買った方が、200円程度しかかわらないのでお得です。
※2017年6月現在だと、楽天で送料無料で750円
※特に工具を買わないでも工夫すれば可能

【腕時計のサイズの調整】メタルバンド(金属バンド)の長さを変更してみた!
まずは時計のベルトコマを何個分へらすか、実際に腕にはめながら考えます。
今回は2コマへらすことにします。

【腕時計のサイズの調整】メタルバンド(金属バンド)の長さを変更してみた!
次に専用のベルトを固定する器具に、

【腕時計のサイズの調整】メタルバンド(金属バンド)の長さを変更してみた!
ベルトをはめて、

【腕時計のサイズの調整】メタルバンド(金属バンド)の長さを変更してみた!
先の細い専用の工具を、ピンの位置にあわせ、

【腕時計のサイズの調整】メタルバンド(金属バンド)の長さを変更してみた!
ハンマーでたたいて、ピンを抜きます。

【腕時計のサイズの調整】メタルバンド(金属バンド)の長さを変更してみた!
こちらは抜いたピンです。ハンマーでたたくのは先が割れていないほうになります。

【腕時計のサイズの調整】メタルバンド(金属バンド)の長さを変更してみた!
ピンを2本抜けばこのようにコマを取ることができます。

【腕時計のサイズの調整】メタルバンド(金属バンド)の長さを変更してみた!
次に、ベルトのサイズが短くなった状態でピンを入れます。
抜いた時とは逆に割れていないほうからピンを入れていって、最後に割れてる部分をハンマーでたたいて入れ込みます。
上の画像の位置くらいまで手で入れたら、最後にハンマーでたたきましょう。

最後に

これでベルトの長さの変更は終了です。
初めての方でも難しくはないと思いますので、挑戦してみてくださいね!

PR 求人募集

現在お仕事を探している方に便利な求人サイトを紹介します。

工場の仕事を探すのなら


工場の仕事を探すのなら『JOB PAPER』。 社員寮完備のお仕事や、最短でお仕事開始から5日後に給料がもらえる案件もあります。 24時間いつでも応募が可能!! 詳しくは『JOB PAPER』のサイトで!!

sponsored link

down

コメントする




スポンサーリンク



sponsored link

楽天 洗濯機売れ筋ランキング