修理方法.com

【東芝 オーブンレンジ ER-LD7 修理】メーカーから分解図をもらい、部品発注・交換 DIY

time 2017/05/12

【東芝 オーブンレンジ ER-LD7 修理】メーカーから分解図をもらい、部品発注・交換 DIY
今回は東芝オーブンレンジ ER-LD7に不具合が出てしまったので部品交換をします。
不具合内容はスタートボタンが反応しない場合があるという症状。

sponsored link

不具合の原因

【東芝 オーブンレンジ ER-LD7 修理】メーカーから分解図をもらい、部品発注・交換 DIY
不具合の原因はとても簡単なことでした。扉センサーを反応させる部分が折れてしまっています。
これを補修することはできないので、部品の発注をします。

【東芝 オーブンレンジ ER-LD7 修理】メーカーから分解図をもらい、部品発注・交換 DIY
まずはメーカーに連絡を入れ、FAXで分解図をもらいます。
分解図には、部品の番号が書いてあります。番号を調べれば誤発注を防げるため、わかりずらい部品の場合は分解図をもらうと確実です。

※当方販売店なので、分解図をもらえますが、一般の方の場合もらえるかはわかりません。

扉部分 分解

【東芝 オーブンレンジ ER-LD7 修理】メーカーから分解図をもらい、部品発注・交換 DIY
それでは、扉の内側の部分の、枠の取り外しをおこないます。
隙間にマイナスドライバーをなどを入れて「ひっかかり」を外していきます。

【東芝 オーブンレンジ ER-LD7 修理】メーカーから分解図をもらい、部品発注・交換 DIY
ネジなどでとまっている部分はなく、すべて「ひっかかり」でとまっているだけです。

【東芝 オーブンレンジ ER-LD7 修理】メーカーから分解図をもらい、部品発注・交換 DIY
扉裏の枠の部分にはパッキンが入っています。
プラスチックの部分は交換するので、破損しても問題ありませんが、パッキンは再利用するので”切らないように”注意します。

【東芝 オーブンレンジ ER-LD7 修理】メーカーから分解図をもらい、部品発注・交換 DIY
裏側の枠をとるとこのようになっています。

部品取り付け

【東芝 オーブンレンジ ER-LD7 修理】メーカーから分解図をもらい、部品発注・交換 DIY
後日部品到着。価格は1600円。

【東芝 オーブンレンジ ER-LD7 修理】メーカーから分解図をもらい、部品発注・交換 DIY
まずはパッキンを新しく届いた部品にとりつけます。

【東芝 オーブンレンジ ER-LD7 修理】メーカーから分解図をもらい、部品発注・交換 DIY
枠はとりあえず押し込めばはまります。

【東芝 オーブンレンジ ER-LD7 修理】メーカーから分解図をもらい、部品発注・交換 DIY
枠の下部分がはまらなかったので、今回は下カバーをとりはずし、

【東芝 オーブンレンジ ER-LD7 修理】メーカーから分解図をもらい、部品発注・交換 DIY
このような状態にして、ぱちっとはめこみました。

これで部品の交換は完了。

最後に動作のチェックをして、特に問題ないようなので修理完了です。

最後に

この程度の作業でしたら、ご家庭でも可能だと思います。
不具合が発生し、原因が特定できた場合は、自分で部品の交換をするのも”あり”かもしれませんよ。

分解図はもらえるかわかりませんが、メーカーに相談してみてはいかがでしょうか。

PR 求人募集

現在お仕事を探している方に便利な求人サイトを紹介します。

工場の仕事を探すのなら


工場の仕事を探すのなら『JOB PAPER』。 社員寮完備のお仕事や、最短でお仕事開始から5日後に給料がもらえる案件もあります。 24時間いつでも応募が可能!! 詳しくは『JOB PAPER』のサイトで!!

sponsored link

down

コメントする




スポンサーリンク



sponsored link

楽天 洗濯機売れ筋ランキング