リモコン

リモコンの効きが悪い!!東芝 レグザ リモコン(CT-90320A)分解、修理 

今回は東芝 レグザ リモコン(CT-90320A)分解、修理方法を紹介します。
症状は、リモコンの効きが悪いという症状です。

おそらく、ジュースでもこぼして固まったカスを取り除けば直ると判断しましたので、分解しました。

違うメーカーや、違う型番のリモコンの分解は、下のリンク先から探すと見つかるかもしれませんよ。
【メーカー・機種別】リモコンの分解・掃除・修理の方法 まとめ

リモコン(CT-90320A)分解方法

リモコンの効きが悪い!!東芝 レグザ リモコン(CT-90320A)分解、修理 
分解に使う道具は、こちらの精密ドライバーがあれば大丈夫です。
一番細い1.4mmを使用します。

リモコンの効きが悪い!!東芝 レグザ リモコン(CT-90320A)分解、修理 
精密ドライバーをリモコンの隙間にいれ、こじ開けます。
キズがつかないように慎重におこないましょう。
両サイドに5箇所ずつ、ひっかかり(ピン)があります。

リモコンの効きが悪い!!東芝 レグザ リモコン(CT-90320A)分解、修理 
これは外した後の画像です。
ピンの位置を画像で紹介しますので、精密ドライバーを隙間に入れるときの参考にしてください。

リモコンの効きが悪い!!東芝 レグザ リモコン(CT-90320A)分解、修理 
分解した後の画像です。
次に効きが悪くなる原因の箇所を紹介します。

効きが悪くなる原因

リモコンの効きが悪い!!東芝 レグザ リモコン(CT-90320A)分解、修理 
上の画像はベタベタしたジュースカスをふき取ったあとの画像ですが、この面がベタベタしているとリモコンの効きが悪くなる事があります。
たぶんジュースでもこぼしたのでしょう。
かなりベタベタしていたので、少し湿ったタオルでふき取りました。

リモコンの効きが悪い!!東芝 レグザ リモコン(CT-90320A)分解、修理 
ラバー部分の表面です、効きが悪いのとは直接は関係ありませんが、せっかくですので綺麗に水洗いしましょう。

リモコンの効きが悪い!!東芝 レグザ リモコン(CT-90320A)分解、修理 
この面もリモコンの利きに影響する部分です。
裏側の面は、電子機器部分に接触するところですので綺麗にふき取ります。
注意点としては、組み立てる前には必ず乾燥した状態で組み立てます。

組立て

リモコンの効きが悪い!!東芝 レグザ リモコン(CT-90320A)分解、修理 
組立ては全ての部品が、乾燥してから組み立てます。
ヘアドライヤーなどを使用すれば早く乾燥させることができると思います。

組み立てる時の注意点として、決定ボタン矢印キーの位置を間違えないようにしてください。
4つの矢印のうち1つだけ微妙に小さい矢印があるので、それを下にしてセットするといいようです。
toshiさん、ずやさんより情報提供していただきました。ありがとうございました

分解修理結果

今回は、分解して洗浄することにより、このリモコンの「効きが悪い」症状は改善しました。
分解、洗浄しても改善されない場合は購入するしかないかも(笑)

以上、最後まで読んでいただき有難うございました。

その他のリモコンの分解方法はこちら↓
【シャープ アクオス】リモコンの効きが悪い時の対処方法 分解、掃除

エアコン、洗濯機の分解洗浄が自分では難しいと感じた方は!




自分でエアコンや洗濯機の分解洗浄が難しいと思った方は、CMでおなじみのおそうじ本舗に依頼してみてはいかがでしょうか!?訪問見積もりは無料です。
詳しくはおそうじ本舗公式サイトでチェックしてみてください↓↓

おそうじ本舗に無料見積もり依頼をする