修理方法.com

ベットの、ボロボロになった裏カバーの、張り替え修理

time 2015/04/04

今回は、ベットの裏カバーの張り替え修理方法を紹介したいと思います。
これだとちょっと見栄えが悪すぎますもんね。

sponsored link

まずは足を取る

ベットの、ボロボロになった裏カバーの、張り替え修理
まず裏カバーのボロボロの布部分を取るため、ベットの足を外します。

ベットの、ボロボロになった裏カバーの、張り替え修理
インパクトドライバがあると楽なのでつかっちゃいます。

ベットの、ボロボロになった裏カバーの、張り替え修理
プラスネジを外します。

ベットの、ボロボロになった裏カバーの、張り替え修理
ネジをとったら、裏地はホッチキスみたいのでとまっていますので、マイナスドライバなどで取り、ボロボロになったカバーを外します。
ホッチキスみたいなのを取らないで「ビリっと」破いてとっちゃっても大丈夫ですが、後でタッカで打ち込む時、同じ場所には打ちこめなくなります。

ベットの、ボロボロになった裏カバーの、張り替え修理
これでボロボロになった裏地が取れました。

あとは裏地の張り替えです。

裏地張り替え

ベットの、ボロボロになった裏カバーの、張り替え修理
張り替えにはこのような「タッカ」と布が必要になります。

ベットの、ボロボロになった裏カバーの、張り替え修理
布は大きめに切りとり、タッカで打ち込みとめていきます。

ベットの、ボロボロになった裏カバーの、張り替え修理
タッカを打ち込み終わったら、はみ出している部分の布をカットします。

ベットの、ボロボロになった裏カバーの、張り替え修理
あとは最初に取った足を取り付ければ、裏地の張り替え終了です。

簡単ですので、是非挑戦してみてください。

以上最後まで読んでいただきありがとうございました。

sponsored link

down

コメントする




スポンサーリンク



sponsored link