修理方法.com

【家庭用エアコン 真空ポンプなし】エアパージのやり方 真空引きとは?

time 2018/03/17

エアコンを取り付ける時に業者さんから”エアパージ”や”真空引き”といった言葉を聞いたことがある人もいると思います。

今回はエアコンのエアパージのやり方と、真空引きとはどんな作業かを紹介します。

sponsored link

真空引きとは

真空引きとは「真空ポンプを使用し、エアコンの銅管内を真空状態にする作業」です。
エアコンの取り付けのさいに、ガスの中に空気が混じらないようにこの作業を行い、一般的に真空引きを行う際には”真空ポンプ”と”マニホールド”この2種類の工具が必要になります。

真空ポンプを使用した、真空引きのやり方は下の記事で詳しく解説しています。
【家庭用エアコン】真空ポンプを使った真空引きのやり方・手順 時間は?

エアパージとは

銅管の中にある空気を押し出す作業を”エアパージ”といいます。

真空引きは「真空状態にして空気を0」にし、エアパージは「空気を押し出して空気0」にする。
一見同じようにも思えますが、少し違います。
※ガスに空気を入れないようにすることに違いはありません

一般的にはエアパージは、空気が混ざる可能性もあるので、工具を使い真空引きをした方がいいとされています。

エアパージのやり方

特に難しいことはありませんが、ここからはエアパージのやり方を解説します。

【家庭用エアコン 真空ポンプなし】エアパージのやり方 真空引きとは?
銅管の接続が終わり、高圧のガスのバルブをあけます。
※画像ではマニホールドがついていますが、エアパージをするだけなら装着する必要はありません

そうすると、ガスは銅管をつたいエアコン室内機をとおり、低圧の銅管に入り、現在上の画像の矢印までエアコンガスが到達します。

低圧のバルブはあけていませんので、この位置でガスがせきとめられている感じです

【家庭用エアコン 真空ポンプなし】エアパージのやり方 真空引きとは?
次にマニホールドの差込口のナットをとり、上の画像のちょこっとでている部分を、

【家庭用エアコン 真空ポンプなし】エアパージのやり方 真空引きとは?
ドライバーなどで、一瞬だけちょこっと押してあげればガスと一緒に空気も押し出されてきます。
これを2、3回やれば「エアパージ」の完了です。

先端をちょこっと押した瞬間ガスが吹き出ますので低温やけどに注意が必要です。ゴム手袋などをしてれば大丈夫

エアパージが終わったら、低圧のバルブをあけるといった感じです。

まとめ

エアパージのやり方はとても簡単で、真空ポンプなどの道具は必要ありませんが、現在は推奨されていません。

昔はあたり前のようにエアパージでエアコンを取り付けしていたようです

エアパージも真空引きも、ガスに空気が混じらないようにするという点では同じですが、エアコン取り付けるさいにはなるべく真空ポンプを使用し、真空引きをするようにしましょう。

真空ポンプを使用した、真空引きのやり方は下の記事で詳しく解説しています。
【家庭用エアコン】真空ポンプを使った真空引きのやり方・手順 時間は?

エアコン 洗濯機の分解洗浄が難しいと感じた方は!

自分でエアコンや洗濯機の分解洗浄が難しいと思った方は、CMでおなじみのお掃除本舗に依頼してみてはいかがでしょうか? 今ならエアコンの分解洗浄はお得な価格になっています。 詳しくは下のバナーをクリックしてください↓↓

sponsored link

down

コメントする




スポンサーリンク



sponsored link