修理方法.com

BUFFALO バッファロー レコーダー DVR-1 分解とハードディスク交換修理

time 2016/09/23

BUFFALO バッファロー レコーダー DVR-1 分解とハードディスク交換修理
今回はBUFFALO バッファロー レコーダー DVR-1の分解・修理方法を紹介します。
この機種はハードディスクの故障が多い機種。
メーカーもそれを予測してか、分解・交換が簡単にできる。
※予測はできないか!?

違うメーカーや、違う型番のレコーダーを探している場合は、下のリンク先から探すと見つかるかもしれませんよ。
【メーカー・型番別】ブルーレイ・DVDレコーダーの分解と「ハードディスク・ドライブ」の交換方法 まとめ

sponsored link

レコーダー DVR-1 分解

作業は電源を抜いた状態で行い、まずはB-CASカードを抜く。
ちなみにカードを抜かないと、レコーダーのカバーは取れない。

BUFFALO バッファロー レコーダー DVR-1 分解とハードディスク交換修理
次に上の画像の矢印部分のネジを取る。
あとはカバーを少しスライドさせ持ち上げれば、カバーは取れる。
非常に簡単なつくりだ。

BUFFALO バッファロー レコーダー DVR-1 分解とハードディスク交換修理
後はハードディスクがむき出し状態になるので、上の画像の矢印部分のネジを取り、

BUFFALO バッファロー レコーダー DVR-1 分解とハードディスク交換修理
ハードディスクにつながっている線を引っ張って抜く。

BUFFALO バッファロー レコーダー DVR-1 分解とハードディスク交換修理
ハードディスクの周りのマウントは使用するため、周りのネジ4本取り再利用する。

そして後は交換品のハードディスクを入れるだけ。

最後に

BUFFALO バッファロー レコーダー DVR-1 分解とハードディスク交換修理
僕の場合は、中古のハードディスクを交換品として使用したのだが、念のためカバーはしない状態で、動作のチェックをしてみた。

BUFFALO バッファロー レコーダー DVR-1 分解とハードディスク交換修理
電源を入れメニューからハードディスクの初期化をし、その後録画のチェックをしたところ、特に問題なく動作した。
動かない時のことを考え、カバーをしめる前にチェックしておくと、2度でまにならずに良いと思う。

洗濯機の分解掃除や、ハウスクリーニング業者の紹介

このサイトではいろいろな家電の掃除方法を紹介していますが、掃除が嫌いだったり自分でするのは無理だなぁ〜と思った方におすすめのサービスを紹介します。

ハウスクリーニング

ハウスクリーニングを頼むなら、80社以上から一括見積もりができる「ハウスクリーニングズバット」がおすすめ。
最安値の業者がすぐにわかります。

エアコンの内部洗浄や、洗濯槽の裏側の掃除も業者にまかせれば、安心安全です。

家事代行サービス

ガステーブルの掃除はもちろんですが、「掃除機がけ、雑巾がけ、窓ふき、トイレ掃除、洗面所の掃除、キッチンまわり、洗濯、お風呂掃除、ゴミだし、片づけ、アイロンがけ、 布団干し、ベッドメイク、靴磨き、郵便受取、クリーニング出し/受渡、部屋の換気、庭掃除、草むしり、水やり、お料理、買い物、買い物」その他いろいろな要望にこたえてくれるのが「家事代行サービス」です。

1時間1980円の低価格から提供していて、かなりおすすめです。

PR 関連記事

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

楽天 洗濯機売れ筋ランキング